この間、健康診断の結果を渡されました(T▽T)アハハ!

その診断結果はというと・・・
正常┗┓ ̄旦 ̄┏┛フフフ┏┛_日_┗┓フフフ┗┓ ̄旦 ̄┏┛フフフ

あ~良かったわ。問題が無くて
ここんとこ、普通歩行を週6でしてる結果ですかね?(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

来月からも続けよ(^▽^)/

++++++++++++++++++++++++++++

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の魅力を紹介したい!と思います!ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、'`,、
とは言ってもみんなのシネマレビューに載ってる感想ですがヾ(@゚▽゚@)ノアハハハ_(__)ノ彡☆バンバン!!


今日は「ムーラン(1998)」の感想を紹介したいと思っています!!!(*'-'*)エヘヘ


この映画の製作年は1998年です!!!

監督はバリー・クックとトニー・バンクロフトで、脚本がクリス・サンダース、リタ・シャオです!!ぐ~♪ d(* ̄o ̄)

この映画でメインで出てくるのは、ムーラン (ミン・ナ)とかムーシュー (エディ・マーフィ)です!o( ̄ー ̄;)ゞううむ

取り敢えず、この映画に出てくるキャラを声優さん込みで列挙すると、
ムーラン (ミン・ナ)、ムーシュー (エディ・マーフィ)、シャン・ユー (ミゲル・ファラー)、皇帝 (パット・モリタ)、リー将軍 (ジェームズ繁田)、シャン (B・D・ウォン)ってな感じ(_≧Д≦)ノ彡☆ばんばん

面白かったけど・・・・・・ちょっとしょぼかった。

残念。

消化不良~。


中国版ジャンヌ・ダルクを想像していただけに
、ナウシカみたいなカリスマ性もないキャラが
個人プレーで活躍してた、という印象だった。

雪原の戦いも、先に 「ライオン・キング」 のムーの大群を
見ているので、「ん? またか」 とあまり新鮮に
感じなかったのと、雪の中を泳ぐように
馬が走るのも違和感ありすぎて、ちょっとおいてきぼりに
された。


また、ダイナミックなこの雪原のシーンのために
ラストがやや盛り上がりに欠けた気が
する。

「え、これで終わり?」 とショックだった。

ただ、絵柄は味があって好印象だった。

動く水墨絵がすっと万里の長城に変わった冒頭シーンが
新鮮だった。
日本の浮世絵や中国の山水画などアジアの絵画は
平面の描写が特徴的だが、それを意識して制作された作品だと思う。



++++++++++++++++++++++++++++

麻雀の役って一杯ありますよね~。~(^◇^)/ ウホホホ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。
という事で、今回は混老頭を説明したいと思います。ニャハハ☆(゚∇゚☆)(☆゚∇゚)☆ニャハハ



数字牌の1と9、そして字牌というのは老頭牌という特別な存在の牌です。

この老頭牌だけを刻子(コウツ)にして手を完成させることができれば、混老頭となります。

刻子であれば良いため、無論ポンをして揃えていっても構いません(*≧┏∇┓≦*) ブヒャ!

ポンをしないということは暗刻だから、
もし全て暗刻(アンコ)で揃えたら混老頭(ホンロウトウ)でしょう以前に四暗刻(すーあんこー)で役満です。


ポンをして役を完成させると、すべて刻子(コウツ)なので
対々和も同時に成立することになる(_ー_)逆ニヤリ

混老頭(ホンロウトウ)は2ハンですが、対々和(トイトイホウ)の2翻と合わせて、自動的にマンガンの手です…o(;-_-;)oドキドキ♪


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

混老頭(出現割合:0.08%)
国士無双の延長線上で展開されるのがこの混老頭。
二翻役ではあるものの、対々和が100%入るので実際は満貫が約束されている役。三人麻雀ではそこまで難しい役でもないので、赤ドラが無いDORA麻雀で満貫確定というのも魅力なので狙いに行く価値はあるかも?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じ/(@゚ペ@)ウーン


この辺りで!
しかし今日は太ももが痛いなあ
おやすみ~お(^o^) や(^O^) す(^^) みぃ(^-^)



おすすめ記事