結構太ってきた[壁]/□\*)・゜゜・.ウワーン!!
減量し始めないとヤバイ

この間、ダイエットプーアール茶を駿台の時の友人にめっちゃ効果が高いとススメられたから
試してみよっかなヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ここ最近映画にぞっこんLOVEなのでお勧め映画の感想を紹介していきたいと思います!!!!(* ̄Oノ ̄*)ホーッホッホ!!

え??テメエの紹介文は?
ってツッコミはスルーで(o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪


今日は「キンダガートン・コップ」の感想を紹介しようかと思っています!ワーイ\(゚▽゚=))/…\((=゚▽゚)/ワーイ


この映画の製作年は1990年です。

監督はアイヴァン・ライトマンで、脚本がティモシー・ハリス〔脚本〕とハーシェル・ワイングロッドです!!!v(。・ω・。)ィェィ♪

この映画でメインで出てくる人はアーノルド・シュワルツェネッガー (ジョン・キンブル)です!。。。o(゚^ ゚)ウーン

この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
アーノルド・シュワルツェネッガー (ジョン・キンブル)、ペネロープ・アン・ミラー (ジョイス・パルミエリ)、パメラ・リード (フィービー・オハラ)、リンダ・ハント (ミス・シュロウスキー)、リチャード・タイソン (カレン・クリスプ)、キャロル・ベイカー (エレノア・クリスプ)、キャシー・モリアーティ (シルヴェスターのママ)、ミコ・ヒューズ (ジョセフ)、アンジェラ・バセット (スチュワーデス)、オデット・アナブル (ローザ)ってな感じ。川 ̄ー ̄川 ワンレンニヤリ

「ラストスタンド」公開のの流れで地上波放送が
ありましたので、鑑賞。


やはり1990年の作品ということで
作りが古臭い。


子供好きには良いかも知れないが、
アクションやコメディ感覚でまともに
見るとかなりキツい内容。

犯人親子の存在感は皆無だし、パメラのゲロゲロシーンなんか本当に
必要だったのかな。

カットして特典映像で良いでしょう。


子供のキャラをだして、コメディ色全開に
した方が面白くなったかと思いましたね。

ちなみに少しだけですが、オデット・アナブルの子役時代が
見れます。

ファミリー向けで男の一人鑑賞には
向きません。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

麻雀の役って一杯ありますよね~キラッ ( = ̄+∇ ̄=)v イエーイ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!!
という事で、今回はハイテイに焦点を当てたいと思います!!!!(o_ _)ノ彡☆ギャノヽノヽノヽノヽ!! ノヾンノヾン!


一番最後の牌であがると成立します。ツモでもロンでも大丈夫です((┌(。△。)┐))ワッハッハ

補足:正式には自摸和了りだとハイテイツモ、ロン和了りだとホーテイロンと
言いますが、普通はどちらも区別せずにハイテイとして認知されているようです。

鳴いても成立するΨ(`◇´)Ψウヒョヒョヒョ
よく狙われる役としてはリーチ(立直)・一発・自摸・ハイテイなどがある。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


------------------------------------------------------

ハイテイ(出現割合:0.94%)
ハイテイには2種類あります。
河底撈魚
最後の牌で出上がりした時に付く役。
実は出現割合:0.63%以上に遭遇している感覚は強いはず。というのも、基本的に麻雀で流局になることもあまり無いが、ラス牌などはリーチをしている状態やテンパイ維持が他家も頭の中を過ぎるはず。456の危険牌なんてそうそう捨てないイメージもあるが、そうでなくともこちらのテンパイが16巡目なども麻雀ではシバシバある。期待するほどではないが、「もしかしたら……」ぐらいで考えておくと良いかもしれない。

海底摸月
最後に引く牌でツモ上がりをすること。狙ってできないのは当然で、視野に入れて打つ必要も全くない。トップを取りに行ってる最中でどうしても点数が足りない時、裏ドラに賭ける状況は全く無くは無いが、さすがに海底摸月は狙いにいけない。上がったらラッキーぐらいに思っておきましょう。


------------------------------------------------------

・・・とこんな感じの説明です。(-_-;ウーン


今から数時間後にはついに待ちに待った大学2回生の友だちとの麻雀だよ♪
楽しみだヽ(=´▽`=)ノ

DORA麻雀の登録方法だ!?




おすすめ記事