本日のめざましテレビでは上の方の運勢だったので、
今日は新たなことに挑戦してみようかな?
ここ最近、ワールドサッカーウイニングイレブン8にハマってみよかと考えてるんですよねψ(○ `∇´ ○)ψイヒヒヒ
新しいことってゲームなのかよと思われそうですが
ゲームは生活の重大な要素なのです∥出口∥ヽ(^^ゞ。。。。デハ、、シツレイ
シンパシー?
必要ねえヾ(▽⌒*)キャハハハo(__)ノ彡_☆バンバン!!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

最近映画にぞっこんラブなので映画のレビューをご紹介したいと思います!!!( `.∀´)イヒッ(旭化成風)

ってあんたの感想ではないの??
なんてツッコミはスルーでワーイ ( ^-^)o-o<※ ☆ パンッ


今回は「P.S. アイラヴユー」の感想ですね!!!(〝⌒∇⌒〝)キャハハハ!!


この映画の製作年は2007年です。

監督はリチャード・ラグラヴェネーズで、脚本がリチャード・ラグラヴェネーズです!ψ(*`^´)ψウケケ

この映画でメインで出てくる人はホリー演じるヒラリー・スワンクです!!

この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
ヒラリー・スワンク (ホリー)、ジェラルド・バトラー (ジェリー)、リサ・クドロー (デニース)、ハリー・コニック・Jr (ダニエル)、ジーナ・ガーション (シャロン)、キャシー・ベイツ (パトリシア)、ジェフリー・ディーン・モーガン (ウィリアム)って感じですね。わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪

原作未読。

全世界500万人が涙したベストセラー小説の映画化という知識のみ。

劇場では普段見ないジャンルだが試写会が
当たったので行ってきた。

どんだけ泣けるラブストーリーなんだろうと半信半疑だったが
、いきなりそうくるか。
で泣きまくるわけか。

かなり卑怯な泣かせのドラマだな、
というのが最初の印象。

だが映画全体は案外カラッとした雰囲気で
、主人公ヒラリースワンク一人がいつまで
もじめじめしている。

アイルランドの美しい景色が、やさしかった夫そのもののように
全てを包み込む。

もの凄い包容力だ。


孤独に陥った人もそうでない人も、
実は見えないものや大自然や、いろんな種類の愛に
包まれて生きているんだな、ということだろう。

泣けるラブストーリーではなかった。


原作を読んでみようと思う。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

麻雀の役って一杯ありますよね~。┗┓ ̄旦 ̄┏┛フフフ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は清一色に焦点を当てたいと思います!!(●⌒∇⌒●) わーい


チンイツのデメリットは主に2つある。

まず1つ目は、極端に偏った捨テ牌になりますから、
局の進行と共に清一色(チンイツ)狙いですねことを見破られ、警戒されやすくなること。

清一色を狙うに当たって他の色の牌は不要であり、
普通ならば使い勝手が良いはずの中張牌が惜しげもなく河に並べられることになるんです・

なのに一色だけ1枚も捨てられていないとなると、染め手と看破するのは難しいことではない。

これとも関連して2つ目は、敵に他の色で待たれた時に防御が効きにくいこと。
これは混一色(ほんいつ)の時にも言えることですが、染め手の大物手は勝負手であり、
敵に先手を取られても多少の牌はつっぱることが多い。

結果、歯止めがきかず放銃に至る際がままあります。

つまり1つ目の点で他の人の防御力が高くなり、2つ目の点で自分の防御力が低くなります。
得点的な破壊力を持つチンイツではあるが、このような二重のデメリットも抱えている☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪


また、初級者にとっては、待ちが複雑になりすぎることもデメリットになる。

次から次へ牌が押し寄せた際、上から下までごちゃごちゃした連続形になるんですとか、
4枚使いの見慣れない形になりますとかして、待ちが分からなくなることは大いにありうる(-_-;)ホントカ・・・オイ

複数ある待ちの一つを見落としてしまう際や、すでに1牌2牌余らせている際などは、
本人が意識することなくフリテン状態になり、チョンボを誘発する危険性もあるのです。

ただし、これは実際に牌を並べて清一色(チンイツ)の練習をするなど、訓練を積めば解決する問題ではあるのですヾ(゙ε゙*)ヾ(*゙ε゙*)ヾ(*゙ε゙)ノハイ ハイ ハイ!


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

清一色(出現割合:0.94%)
「ロン!」と言われて全て同じ色なら頭の中が真っ白になるぐらい麻雀の中で圧倒的な破壊力を持つ役。喰い下がり五飜もドラや一気通貫ですぐにハネ満まで見える。
もちろん、局を終わらせるぐらいの火力を持つのだからその勝負手は危険牌をどんどん切る覚悟も必要になる。テンパイならもちろん勝負だが、イーシャンテン、リャンシャンテンなら少し迷うところだ。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じの説明です。(・・*)。。oO(想像中)



DORA麻雀

今から4時間後にはついに中学の友だちとの麻雀だよ♪
楽しみだ('ー') フフ



おすすめ記事