この夏は特に肌寒いですねラジャ|∵|ゞ

そんなわけで恋人がいない日が悲しくなってきますε=ε=(*~▽~)

お見合いパーティ誘ってくれる人いないかなアノネ・・・(ノ゚ー゚(; ̄□ ̄)ナヌッ?

Xmasに向けての支度をそろそろさっさとせんとヤバイし・・・ヾ(*^▽゚) byebye!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

最近映画にぞっこんラブなので映画のレビューをご紹介させて頂きたいと燃えております!(^^)ニコ

はい!?テメエのレビューじゃないのかよ!?
って感想は華麗にスルーします(○゚ε゚○)プププー


今日は「ブラウン・バニー」の感想ですね!!!( ̄ー ̄)ニヤリ( ̄ ̄ー ̄ ̄)ニヤリ( ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄)ニヤリ


この映画が作られた年は2003年です!

監督はヴィンセント・ギャロで、脚本がヴィンセント・ギャロです。((┗┓( ̄∀ ̄)┏┛))ウッシャッシャッシャッ

この映画のメインは、ヴィンセント・ギャロ (バド・クレイ)とクロエ・セヴィニー (デイジー)です!o(´^`)o ウー

取り敢えず、この映画の俳優さんは、ヴィンセント・ギャロ、クロエ・セヴィニーって感じですね。=*^-^*=にこっ♪

チキンなくせにナンパをする。
相手からではなく自分から直ぐにキスを
求める。

女を抱きしめるのではなく女の胸で
泣く。
ベッドの上で海老包まりする。

物思いにふけながら泣く。


過去の自分の過ちをいつまでも責め続ける。

孤独に耐えられず、幸せだった頃の妄想に
ふける。

ある意味では男の中で共感できる部分も見られるものの、
やはりその全てが非常に女々しく映る。
「バッファロー’66」では肝心な所で
『男らしさ』を見せていたが、この作品で
はそれが最後まで無い。

言い訳をして性欲をはけてそれだけで
終わり。
女性に対する扱いも全然違う。

「バッファロー’66」ではクリスティーナ・リッチを
途中から聖母(母性の象徴?)みたいな扱いだったが
、これのクロエ・セヴィニーは単なる未練で
しかなく、寂しさと性欲を満たすためだけの道具化している。

しかも性の部分でも実に投げやりで
責任感が微塵も無い。

男も愛していると言いながら自分からキスを
したりセックスを求めない。


能動的にフェラチオを求めるだけ(しているクロエの頭に
手を添える辺りが更に情けない)。
いたわる気が全くないこの感じはきっと、
女性だけでなく男性からも批判を浴びると思う。


とにかく、良くも悪くもギャロが自分の作りたいように
作った感じの作品。

「バッファロー’66」が好きだった私で
も今回は正直退屈だった。
全編変化に乏しい道路が映され、花の名前のつく女性とのやりとりが
ちらちらあるだけ。
これを前知識無しに試写会や劇場で
見たら更に評価は下がると思う。

映画って基本何でもありだとは思うけど、
ある程度観客を楽しませる要素も必要だと思う。


「恋人を失った悲しみと自己嫌悪」を
主題にするのであれば、ああいった妄想オチで
はなく、もう少し時間を遡った演出とか「続・ある愛の唄」のような見せ方もあったので
はないかと思う。
とは言えギャロにしか出せないこの空気感は
嫌いではないし、もし長編をまた作るので
あれば「バッファロー’66」のような展開のものを
求めたい。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

麻雀の役って一杯ありますよね~⊂((〃 ̄ー ̄〃))⊃ ふふふ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!
という事で、今回は役牌に焦点を当てたいと思います!!!(=v=)ムフフ♪


役牌(ヤクハイ)とは、正式名称を翻牌(ファンパイ)と言う役の一つです。
特定の字牌を刻子(コウツ)または槓子で持つことで1飜になります。


役牌になる牌は三元牌、場風、自風です。
三元牌とは白、發、中のことで、常に1翻ですが、
場風、自風は状況によって変化します。


自風牌とは北家なら西のこと。
場風牌とは東場なら南のことです。


また、東場で東家(親)がを刻子または槓子で持つと自風牌+場風牌で2役になります(ダブトンという)。

南場で南家も同様です(ダブ南)。

ダブ東やダブ南以外は1翻で鳴いても食い下がりはありません。



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


------------------------------------------------------

役牌(出現割合:40.0%)
今流行(?)の早上がりのスタンスでは、一番に鳴くのがこの役牌。
鳴いた瞬間に1役確定するのは上がり重視の観点からしても大きく、DORA麻雀で人気のある東風戦での戦いの中では一番世話になる役だ。もちろんドラが役牌の場合はすぐに飛びつくことで序盤から他家にプレッシャーをかけながら優位に卓を進めることもできる。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じ( ̄~ ̄;) ウーン


本日はこの辺で!
今日は頭が痛いなあ
ばっはは~いヾ(*~▼~)おやすみいーっ(~▼~*)ノ~''

DORA麻雀とは




おすすめ記事