う~~ん体重が増えてきた(ノ_・、)シクシク
ダイエットするべきだな。。

こないだ茯茶を浪人の時の友人にお勧めされましたので
試してみようかな(_¬_)逆ニヤリ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

映画って本当に面白いですよね~
・・・という訳で映画の魅力を伝えたい!と考えています!!!ヾ| ̄ー ̄|ノ ワーイ♪ヾ| ̄ー ̄|ノ ワーイ♪
ってyahooレビューに載ってる感想ですがd=====( ̄∇ ̄*)bイエーイd(* ̄∇ ̄)=====b


今回は「東京ゾンビ」の感想を紹介したいと思っています( '∇')ウフフフフ


この映画の製作年は2005年です!!

監督は佐藤佐吉で、脚本が佐藤佐吉です!!!パチパチパチ o(^ー^)o☆o(^ー^)oパチパ

この映画の主役は浅野忠信 (フジオ)です!!σ( ̄、 ̄=)ンート・・・

取り敢えず、この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
浅野忠信 (フジオ)、哀川翔 (ミツオ)、古田新太 (石原)、中村靖日 (ヨッチャン)、曽根晴美 (マーさん)、高樹マリア (ヨッチャンの嫁)、谷村美月 (ユカリン)、楳図かずお (秋山先生/王子)、森下能幸 (吸血ゾンビ)、三浦誠己 (マーさん軍団)って感じですね。o(*^▽^*)oあはっ♪

ゾンビが日本にもはびこったぞ!ゾンビまみれだ!ば
んざーい! ◇どっちかと言うともっとコメディだと思ってたので
、のっけからいきなり首が吹っ飛んだのに
はびびりました。
嫁の食われっぷりもリアル。


 ◇全体的にギャグが奮ってて面白い事は
面白いですが、ブラックユーモアなので
笑い辛いところもチラホラ。

アフロのキレ方が正直いちばん恐かった。

あとヒロインが頂けないですねぇ…個人的な好みで
しかないですが、あれを真っ先にゾンビに
食わせたかったわぁ。




■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

麻雀の役って一杯ありますよね~ヽ(*^^*)ノ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。。
という事で、今回は混一色に焦点を当てたいと思います!┌( ̄0 ̄)┐ ワーッハッハッハッ・・・・


同じ数字牌と字牌だけで作る役のことを、混一色(ホンイーソー)と言います。

中国語では「ホンイーソー」と読みますが、
ほとんどの麻雀打ちの間では「混一色(ホンイツ)」と呼ばれていますトウジョウ!( ̄( ̄( ̄-( ̄―( ̄―――+ ̄)― ̄)- ̄) ̄) ̄)フフ

鳴かずに作れば3ハン、鳴いて作っても2翻の役となります。

鳴いて作ると意外に簡易な際も多いため、
比較的目指すことが多い役だと思います。

一色に染めていくという作業をすることになるため、
混一色(ホンイツ)をよく狙う人は「染め屋さん」などと呼ばれることもありますアセアセ( ̄_ ̄ i)タラー


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


DORA麻雀のルールの重要性

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

混一色(出現割合:6.31%)
変化からの手としても初めは見るものの、最終的には狙っていかないと作れない混一色。
赤ドラが無いDORA麻雀では早く火力の高い手を作るのに魅力的で、それでいて役牌やドラが絡めば鳴き有りでも満貫が見える手。
染める色は捨て牌からどうしても特定されやすいのは避けられないが、こちらも一撃で勝負を決める手になる場合もシバシバ。トップを狙いに行く時には是非頼りたい。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じの説明です。;;;;(;・・)ゞウーン


今から1時間後にはやっと予備校の友だちとの麻雀です。
早く来ないかなΨ(ー´)ΨΨ(`▽´)ΨΨ(`ー)ψケケケケ



おすすめ記事