知らんけどスポーツの秋だし、
運動を定期的にしよう(*¨)(*..)(*¨)(*..)うんうん

何がミーに適してるかな?アセアセo(^^;o)Ξ(o;^^)oΞo(^^;o)Ξ(o;^^)oドウモ~♪
やっぱり手軽にできるものと駄目ですからね
何故ならキツイと続かないからね~Ψ( ●`▽´● )Ψ キャハ♪

さっさと考えよう(*'-'*)エヘヘ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

近頃映画命な感じなのでオススメ映画の感想をご紹介させて頂きたいと思います!!!!( ^-^)/U ( ^-^)/U☆U\(^-^ ) U\(^-^ )カンパイ

ってお前のレビューは?
なんて感想はスルーでクルクル ( )(= )( ̄= )(∇ ̄= )( ̄∇ ̄=)(= ̄∇ ̄=)v ニィ♪


今日は「わが谷は緑なりき」の感想について紹介しようかと思っています!!!(( ̄ー+( ̄ー+( ̄ー+( ̄ー+ ̄)ー+ ̄)ー+ ̄)ー+ ̄)ニヤニヤニヤニヤリ


この映画が作られた年は1941年です!!!!

監督はジョン・フォードで、脚本がフィリップ・ダンです!!!!(_ー+_)逆ニヤ

この映画でメインで出てくる人はウォルター・ピジョン (グラフィド牧師)です。(-_-)ウーム

取り敢えず、この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
ウォルター・ピジョン (グラフィド牧師)、モーリン・オハラ (アンハード)、ドナルド・クリスプ (ギリム・モーガン)、ロディ・マクドウォール (ヒュー)、バリー・フィッツジェラルド (助任司祭)、サラ・オールグッド (モーガン夫人)、アン・E・トッド (セインウェン)、アンナ・リー (ブロンウェン)って感じですね。(゚ー゚)ニヤリ

恥ずかしながら未だに僕はフォード監督の作品は
【駅馬車】しか見たことがないんで
すが、それでも彼の才能の素晴らしさを
垣間見るには充分だったと思ってます。

何しろ普通の娯楽作品ながらあれに
はちゃんとした人間ドラマが丁寧に
描かれているし、映画というものを
心得ている人なんだなと思いました。

そして今回は【わが谷は緑なりき】前者と違い、
なまじっけな娯楽作品ではないけれど、
笑うシーンや愉快なシーンなどがありこれもまた娯楽映画とは
違った面白さがあります。

これを見て思った事は、幸せってなんだろう?お金じゃなくて、
ひもじいながら楽しく生活する事なんだと思います。

それが前半の、頑固親父や肝っ玉母ちゃんのいる家庭の描写、
そして後半の不本意な結婚をしたアンハードの描写等で
よくわかります。

どんなに辛く苦しい事があっても美しい思い出は
いつも心の中にある。


私のの谷は…緑だった!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

麻雀の役って一杯ありますよね~_(*_ _)ノ彡☆ギャハハハ!!バンバン!!
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。
という事で、今回は天和を説明したいと思います。('-'*)フフ


天和(てんほー)というのは和了れたら奇跡という役満の一つですね。
ここでは、大先生役の成田と生徒役の森田の2人に出てきてもらいましょう。


・親が配られた時点で完成している
・4面子(メンツ)+1雀頭の形さえしていれば役はいらない


成田『役としては非常に簡単ですね。

配られたらいきなり完成していたという話です。

別に「タンヤオ」だとか「混一色」だとかの役は入りません。

ただ麻雀の基本形ですね「3枚1組のグループが4つ+雀頭」の形さえしていればOKです。

それから先に紹介した「七対子(チートイツ)型」と、「コクシムソウ型」でも完成していれば天和(てんほー)は成立しますε=ε=ε=ε=ε=┏(゚ロ゚;)┛ダダダッ!!

数学上、天和(テンホウ)の確率は33万回に1回らしいのですが、儂のデータの元になっている、
天凰の40万回を超える和了りの中で一度も出ませんでしたね。

まあ、それぐらいヤバイってことです。』


森田『上手い下手とか技術がどうこうの問題じゃないですね(゚ー゚;Aアセアセ』


成田『麻雀の数学というサイトで紹介されていますが組み合わせ数とあがりのパターンを計算すると

2兆1431億7970万1279÷70京8384兆1715億2803万6000
≒約0.000003025 (約1/33万0530)の確率

だそうです。見た感じヤバいですね(; ̄ー ̄A アセアセ・・・


相手に何もさせない技として、天和(テンホウ)はイカサマ技としても発展してきました。

偶然にしか起こらない天和を技術により強引に発生させるという技です。』


森田『技術で天和を作るってどうやるんでしょうか?└|∵|=O)~Q~)!!! ハニワパーンチ!』


成田『ひとりでやる場合は目の前の山とすり替える「つばめ返し」などが有名です(@Д@; アセアセ・・・』



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

天和(出現割合:0.000003%)
麻雀の役の中で一番出にくい役。
ダブル立直ならばちょくちょく見れるが、確率的に33万分の1と言われている役満。
しかし麻雀人口が圧倒的に多い日本では見たことがある、出したことがあるという人もちらほら。賭け麻雀の場で実際に目の当たりにしたらその人間が何かしていないか疑うレベルの役満だ。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。なんだっけ?(゚~゚)ヾ


今晩はこの辺で
今日は手が痛いなあ
ばいば~い(゚o゚)オ(゚0゚)ヤ(゚・゚)ス(゚-゚)ミ ネロ!(o゚ロ゚)θ☆(o_ロ_)ozzZ



おすすめ記事